函館市の個人再生と借金相談は弁護士や司法書士を探してから

お金・借金の相談を函館市に住んでいる人がするならどこがいい?

借金をどうにかしたい

借金の額が多すぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の苦痛から解き放たれたい…。
もしもそう思っているなら、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談を。
司法書士や弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、というさまざまなメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も沢山あります。
ここではその中で、函館市に対応している、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
また、函館市にある他の法律事務所・法務事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、一人で解決するのは難しいものです。
司法書士や弁護士の知識や知恵を借りて、最善策を見つけましょう!

借金・個人再生の相談を函館市の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

函館市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、コチラの事務所がお勧めです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払いは、分割払いの対応も可能。
相談料はもちろん無料!
借金の督促をストップすることもできます。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、借金や債務のことを相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付が可能なので、お金に困っている人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に合ったやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

函館市在住の方が借金・債務整理の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも匿名&無料で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、函館市に住んでいる方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の函館市近くの司法書士・弁護士の事務所の紹介

他にも函館市には複数の法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●小林法律事務所
北海道函館市大手町7-11
0138-22-1516

●函館弁護士会
北海道函館市上新川町1-3 函館弁護士会館 1F
0138-41-0232
http://plala.or.jp

●植松法律事務所
北海道函館市若松町28-10
0138-21-1005

●五稜郭法律事務所
北海道函館市梁川町6-6
0138-33-1551
http://ab.auone-net.jp

●寒川功一司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-27-1955

●岩崎順造司法書士事務所
北海道函館市堀川町3-8
0138-86-7070
http://jun-iwasaki.com

●高橋義隆司法書士事務所
北海道函館市新川町12-13
0138-22-9005

●山崎法律事務所
北海道函館市時任町2-10
0138-51-1100

●酒井博司法書士事務所
北海道函館市新川町27-13
0138-27-0703

●河野法律事務所
北海道函館市大手町5-10
0138-27-8010

●嶋田法律事務所
北海道函館市新川町18-12
0138-23-4834

●川原京子司法書士事務所
北海道函館市新川町24-10 三光マンション 1F
0138-22-5544

●兼平法律事務所
北海道函館市中島町23-16
0138-84-8325
http://kanehiralaw.com

●菅原法律事務所
北海道函館市新川町23-1
0138-22-3210

●函館司法書士会
北海道函館市千歳町21-13 桐朋会館 3F
0138-27-0726
http://h-shiho.com

●司法書士山本直樹事務所
北海道函館市新川町24-11
0138-23-1399
http://yamamoto-siho.jp

●室田法律事務所
北海道函館市海岸町10-13
0138-43-4178

●くにや司法書士法人本店
北海道函館市堀川町6-15
0138-30-4008
http://kuniya.biz

●島野潤一事務所
北海道函館市千歳町27-8
0138-22-5915

●佐藤武俊司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-26-4051

地元函館市の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談などの方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務に函館市で困っている人

さまざまな人や金融業者からお金を借りた状況を「多重債務」と呼びます。
あっちからもこっちからも借金して、借金の額も返済先も増えた状態です。
キャッシング会社で限界まで借りたから、別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードを何枚も持ったり。
多重債務の状態にまでなってしまったなら、たいていはもはや借金の返済が厳しい状態になってしまいます。
もう、どうあがいてもお金が返せない、という状況。
ついでに高い利子。
なすすべもない、手詰まりだ、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのがベストです。
弁護士・司法書士に相談し、今の状態を説明し、解決策を提案してもらいましょう。
お金の問題は、司法書士・弁護士知識・知恵に頼るのが最良ではないでしょうか。

函館市/借金の減額請求って、なに?|個人再生

多重債務等で、借入の返済が滞った状況になったときに有効な手法の一つが、任意整理です。
現在の借入の状況を再度確かめてみて、以前に利息の払い過ぎなどがあるなら、それらを請求する、若しくは今現在の借入と相殺をして、さらに今の借り入れにおいて将来の利息を圧縮していただける様頼む手段です。
ただ、借りていた元本につきましては、確実に支払いをする事が条件で、利息が少なくなった分だけ、以前より短期間での返済が前提となります。
ただ、金利を払わなくてよい分だけ、毎月の払戻し金額は縮減されるので、負担が減るというのが一般的です。
ただ、借金をしてる貸金業者がこのこれから先の金利に関する減額請求に応じてくれないとき、任意整理はできないでしょう。
弁護士に依頼すれば、絶対に減額請求が通ると考える人も多数いるかもしれませんが、対処は業者により様々であり、対応してない業者というのも有るのです。
ただ、減額請求に対応してくれない業者は極少数なのです。
ですから、現に任意整理をして、業者に減額請求をすると言う事で、借り入れの心痛がかなり減少するという方は少なくありません。
実際に任意整理ができるのかどうか、どんだけ、借入れの返金が軽減するかなどは、先ず弁護士さん等その分野に詳しい人に

函館市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/個人再生

はっきり言えば世間一般で言われる程自己破産のリスクは少ないです。土地、マイホーム、高価な車等高価値の物は処分されるが、生活していくなかで要るものは処分されないのです。
また20万円以下の貯蓄は持っていてよいです。それと当面の間の数カ月分の生活費用一〇〇万円未満ならとられる事は無いのです。
官報に破産者の名簿として記載されるのですがこれも極僅かな人しか見てません。
またいわゆるブラック・リストに記載されてしまって七年間の間はキャッシング、ローンが使用できない現状となりますが、これはいたし方無いことです。
あと定められた職に就職できないと言うことも有ります。しかしこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返すことが不可能な借金を抱えているのならば自己破産を行うと言うのもひとつの手段なのです。自己破産を行ったらこれまでの借金が全部ゼロになり、心機一転人生をスタートできるということで利点の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や弁護士や公認会計士や税理士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限として後見人、遺言執行者、保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないでしょう。しかしながらこれらのリスクはおよそ関係がないときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物じゃないはずです。